髭脱毛でニキビ?!

昨今、男性の美容への関心増加の影響を受け、髭脱毛に注目がされていますが、
ニキビができるという噂を聞いたことはありませんか?

実はこの噂ちょっと本当なのです。

髭脱毛をした翌日から、一時的にニキビができるということは良くあります。

正確には、ニキビではなく毛嚢炎という、毛穴周囲の炎症反応なのですが、ニキビと違い毛穴の角栓はありません。

けれどその見た目がニキビの様に、毛穴の中に膿が生じ、赤身がでるため、ニキビと思われているようです。

レーザー脱毛で脱毛を行う際に、毛根に光が吸収されて熱が発生し、この熱によってひげの毛根が破壊されるのですが、その時に炎症が起こる様です。

アレルギー体質の方には得に起きやすい傾向がありますが、大抵1~2週間で元に戻る炎症なため、それほど心配ありません。

また、施術の度に起こるというわけでもない様で、施術を繰り返す度に引き起こす頻度は下がってゆき、症状も軽くなるようです。

逆にこの炎症によって特にシミになりやすい体質の方は炎症後色素沈着というシミが出来てしまうことがあります。

対策としては、炎症が治まった時に美白エキスなどを使用することが大切になります。

サロンで受ける場合にももちろん対策をしてもらうことは可能ですが、
肌質が弱く、特にアレルギーなどがある方は、病院で施術を受ければ内服薬・外用薬などを処方してもらえるので安心ですね。

サロンで施術をしていてもしシミの症状などが起きた際には、皮膚科にかかることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加