髭を抜いて処理をすること

髭が濃いので、自分で毛抜きで1本1本抜いて処理をするという人もいるかもしれませんが、この方法にはリスクが伴います。
まず毛抜きで抜くことによって、毛穴が異常に開いてしまい、その開いた毛穴から雑菌が侵入してしまうことがあります。
雑菌がお肌の中に侵入をしてしまうと、炎症を起こすことがあります。
炎症を起こしてしまうと、お肌の状態も悪くなってしまいますし、デコボコしてしまうことがあるのです。
ですから、どうしても毛抜きで抜きたいと思っているのであれば、迅速に毛穴を引き締めることが必要となります。
毛穴を引き締める方法としては、冷却シートを使ったり、保冷剤を使うと良いです。
抜いた部分を冷やすことによって、毛穴をすぐに引き締めることができるのです。

また抜く前に消毒を行うと良いです。
消毒を行うことによって、すぐに顔にある雑菌を取り除くことができるようになるのです。
元々雑菌が顔に付着をしていれば、開いた毛穴に入り込んでしまうリスクが高くなるのです。

エステサロンであったり、医療脱毛を行う場合には極力毛穴が開かないような施術を行ってくれるので、雑菌が入り込むリスクが低いのです。
安心をして利用することができるようになっているのです。

以前はニードルという針で1本1本髭を抜く施術方法がメジャーだったのですが、最近ではフラッシュ脱毛を行って対応をすることが増加をしています。
フラッシュ脱毛であれば、お肌へのダメージも軽減されますし、毛穴が開きすぎてしまうこともありません。
そうなると雑菌が入り込むこともないのです。

他にも痛みが発生することを考慮しなければいけません。
髭は他の部分のムダ毛よりも太く、毎日ケアをしていれば短いことが多いのです。
そうすると痛みも大きくなってしまいます。
自己処理で髭を1本1本抜いていくともなると、痛みも大きくなりますし、時間もかかってしまいます。
出来るだけ時間を短縮させたいと思っているのであれば、やはり専門のサロンなどに通うのが良いです。

自己処理で1本1本抜くともなれば、毛周期のサイクルを緩やかにすることは出来ますが、時間が経過をすると再び生えてきてしまいます。
何度も抜いて取り除かなければいけないというのもストレスに感じてしまうのです。
ですから、1本1本抜いて処理をするということはある程度のリスクを考えなければいけないのです。
リスクが高いということも考慮して、自己処理を行う覚悟がなければいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加