営業職の外見で注意が必要!髭の不潔感

人と接することが多い職業の場合には、身だしなみはキチンと整えておく必要があります。
特に営業職は相手にも不愉快な思いをさせないように配慮をしなければいけません。
常に人と接するということを念頭に置いて仕事をしなければいけないのです。

もしもその営業職の人が髭が濃くて、処理も怠っているようなであれば、幻滅をしてしまいますし、不潔という印象を持ってしまうことがあります。
青髭であったり、いかにも処理をしていませんというような雰囲気であれば、本当に仕事の話をして大丈夫なのだろうか、という不安に襲われる人もいるのです。

営業職であれば、髭の処理はマメに行うことが基本です。
自己管理ができない人であれば、仕事を任せることができなくなります。
不安でしかない人に仕事を依頼するような人はいません。
愛想良くする、と言うことが必要となるのですが、その際には清潔感も必要となってくるのです。
ハキハキと挨拶ができる人であったり、答えることができる人というのは、清潔感があります。
いくら仕事ができても髭の処理もできないような人はあまり近づきたくはありませんし、話もしたくはないと思ってしまう人が多いです。

髭脱毛を行い、印象を良くする、明るくするということも必要となってくるのです。
髭脱毛を行って、印象が変われば仕事を頼みたいと思うかもしれませんし、任せても大丈夫だと思えるようになります。
外見にも注意をすることができる人、気を遣うことができる人であれば、ステジュールをしっかり管理して仕事を進めることができるのではないでしょうか。

何かあった時にすぐに問い合わせをして対応をしてくれる営業職の人というのは、それだけで安心感があります。
そういう営業職は不潔にはしていませんし、常に他人からどう見られているのか、と言うことを考えるようになります。

信頼をしてもらえるように身なりもキレイにしておく必要があり、髭が濃い人であってもケアをする気持ちがある人であれば、安心できるのです。
ある程度、金銭的に余裕が出てきた時に髭脱毛を行い、より清潔感が出るようにする、という人もいます。
営業職はその企業の窓口になる人なので、企業のイメージや印象を背負っているわけです。
企業の代表者として接することになるので、最低限のマナーは守らなければいけません。
特に相手が女性の場合には髭が濃いというだけであまりよい返事をもらうことができない場合もあります。
担当者を変更して欲しいと言われることもあるので、髭の処理は念入りに行う必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加